01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

特に意味無し

そもそも人生に意味などいらない

阪神淡路大震災 

早いなぁ…もう25年?
あん時、俺は未だ29歳だった…

当時、勤務先に関西からの応援メンバーがいて
みんなガックリしてたのを覚えてる。


【主張】阪神大震災25年 決して忘れてはならない

Posted on 2020/01/17 Fri. 23:15 [edit]

thread: ニュース

janre ニュース

tag: 阪神淡路大震災 
雑記  /  TB: 0  /  CM: 0

阪神淡路大震災 

現代人が体験し目にした
最初の大震災
阪神淡路大震災。

東日本大震災もそうだが
俺にとっちゃ~こっちの方が
インパクトがデカかったなぁ…

TVに映し出されてる光景が
『これ本当に日本で起きてる事?』って
信じらんなかったもん。

20年以上経った今でも
見えない傷は癒えない。
多分、一生癒えないだろう。
これは東日本や熊本でも
言える事だろう。

『これを背負って生きろ!』
残された者の定めなのかも知れない。


6434人に鎮魂の祈り 経験生かす道、模索続く

Posted on 2017/01/17 Tue. 23:16 [edit]

thread: ニュース

janre ニュース

tag: 阪神淡路大震災 
雑記  /  TB: 0  /  CM: 0

阪神淡路大震災 

あれからもう20年かぁ…
早いなぁ…

現代人が経験した大震災の1つ。
阪神淡路大震災。
当時、俺は28歳。
『神戸が無くなっちまった…』って当時は思ったもんなぁ…

たまたまその日は休みで、昼ぐらいにのっそり起きて居間に行ったら
お袋が食い入るようにTVを観てた。
『どうしたの?何かあった?』ってトボけて聞いたら
『神戸が大変な事になってるんだよぉ…』と言いながらTVを指差した。
『はぁ?何?神戸?』と寝ボケ眼でTVを観ると…
『…な‥何?これ?…これ…日本で起きてる事なの?』
あまりの衝撃のデカさにそれ以上の言葉が出なかったが
『神戸が無くなってる…街が1つ無くなっちまってる…』と言う思いが
頭ん中を駆け巡った。

実は当時、俺の勤務先には関西方面からの応援メンバーがいた。
中には神戸出身の人もいた。
実際、『家が潰れた』、『両親と連絡が取れない』と言う人達もいた。
『仕事の事は俺等で何とかするから、一旦、実家に帰るか?』と尋ねたが
『いや。今、帰ってもなんも出来んから、少し落ち着いてから帰るワ…』と
力無く答えていたのを覚えている。

今はすっかり大震災に見舞われたとは思えないほど復興したが
それは見た目だけ。
生存した人達は生きている間ずぅ~っとそれを背負いながら
生きていかなければならない。
しかし生きている以上はしょうがない。
当然、東日本も同じ。
そしてこれから起こるであろう事も。


午前5時46分、鎮魂の祈り…重い経験を未来の世代へ

Posted on 2015/01/17 Sat. 23:22 [edit]

thread: ニュース

janre ニュース

tag: 阪神淡路大震災 
雑記  /  TB: 0  /  CM: 0

プロフィール

カウンター

リンク

最新コメント

最新トラックバック

グーバーウォーク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示